包茎治療術後の感想

MENU

手術して前向きになれました

私は10年程前に包茎手術をしました。できれば手術はしたくはありませんでした。余った部分の皮を切るということで必ず縫った傷跡が残ってしまうからです。

 

包茎手術をしたことがバレてしまうのも嫌でした。

 

しかし包茎をなおすために皮を固定する専用の接着剤を使用したりしましたが全く効果はありませんでした。

 

このままずっと悩み続けているのも時間がもったいないので思い切って手術を決断しました。

 

手術をした結果傷跡はしっかり残りました。余った皮を取り除いたのと今まで皮が被っていたのが原因で亀頭付近にカスがこびりついてしまっていたのでそれは焼いてもらいました。

 

手術時は全然痛みを感じませんでしたが麻酔が切れるととても痛かったです。
手術後からは新たな悩みが出てきました。手術時にも指摘があったのですがチンポの幹の部分はしっかりしていて立派なんですがそれに比べると亀頭が少々物足りないですねと言われたのです。

 

亀頭増大を勧められましたがその時は費用の面も考えて断りました。現在も先細りのような状態は続いています。勃起時にも先細りになっています。もう少し亀頭が大きければ人前でパンツを脱いでも自信を持ってみせることができるのになあと思います。

 

ですが、それを差し引いてもやっぱり包茎の手術は絶対やったほうがいいと思います。

 

なんか、くだらないことで、悩んでいる時間が本当にもったいないです。
人間の男の本来あるべきすがたに戻るだけなのですから、、

高校2年生の時に手術を受ける

,私は小さい頃「真性包茎」でした。真性包茎は治療が必要だと知ったのは中学生の性教育の時間だったと思います。そのことを母親に話すと、手術を受けるように言われ、意を決して手術を受けることにしました。

 

 手術を受けたのは高校2年生の夏休みです。美容整形ではなく大きな病院の泌尿器科で手術を受けました。仮性包茎は健康保険がききませんが、真性包茎は健康保険が適用されるので泌尿器科でも手術が受けられるんです。

 

 初めての手術だったのでとても緊張しましたが、麻酔を打つ時だけ痛かったですがそれ以外は全く痛くありませんんでした。手術は30分ほどで終了してその日はそのまま自宅に帰りました。夜になると痛み止めが切れてきてとても痛くなってきたんですが、痛み止めを飲むとすぐにおさまりました。そんな痛みも2〜3日で収まりだんだん普通の生活に戻れるようになりました。2週間ほどで包帯も取れきれいに皮がむけていました。

 

 今から考えると早めに手術を受けておいてよかった思います。真性包茎だと夏になると臭くなり不潔ですし、何といってもセックスもまともにできません。多くの人は大学に入学してから手術を受けるそうですが、やっぱり恥ずかしいですよね。