包茎手術の種類

MENU

とりあえずは、カウンセリングが大事

男性

不安があれば包茎手術の前にあるカウンセリングでその病院はどう言った方法で手術をしていくのか聞いてみましょう、。

 

場合により、セカンドオピニオンを利用してみるといったこともいいでしょう。そして、陰茎を最大限伸ばした状況で包皮を環状に切除していくような方法が、中央部環状切開縫合術なのですが、20年前ぐらいはこうした方法が主流だったのです。

 

そのメリットは一般的な手術であれば、ほとんどは勃起の時にツッパリ感が出てくるのですが、この方法であえrばツッパリ感が残ってきません。ですが、傷跡が目立ってきやすくて、陰茎がツートンカラーとなってしまうでしょう。そしてクランプ法はもともと勃起をしないような方が受ける場合を想定して作られている手術の方法であり、クランプと呼ばれている専門器具を利用していくことが特徴です。

 

この種類が5種類しかなくて、器具を男性器に合わせるといったことよりは男性器を器具に適合させるようなやり方で、中央部環状切開縫合術と同じようにツートンカラーになるような可能性が大きい手術なのです。

 

そして亀頭を覆っていく包皮ではなくて、ペニスの根元の余剰包皮を取り除いていく方法が根部形成法です。


包茎治療にはいろいろなものがありますが、包茎は後発的なものではなくて、生まれつき包茎であるといったことが多くて、思春期になって知識を得たことにより自分が包茎だった時がつくような話は珍しくはないのです。

 

そして包茎はその症状により呼び方を科正方形やカントン包茎や真性包茎と呼んでいたりします。そして、この中で、真性包茎と広東包茎を治療していくといったことは手術が必要になってきますが、仮性包茎に限っては手術以外の方法でも治療をしていけるのです。

 

包茎治療をして行くときには一番一般的な物は、包茎手術なのですが、仮性包茎はともかくとして、真性包茎とカントン包茎はこの包茎手術でしか治療が行えません。

 

そして包茎手術の方法はいろいろとあって、余った包皮を切除していくようなタイプがあれば、メスと使わないで糸だけを利用して手術していくような方法があるのです。そしてこの包茎手術は値段がピンキリであり、相場が10万〜30万円と高額に設定されているのです。

 

そして具体的にいうと、糸を使って皮をつなぎとめるような方法であれば、安くて、メスで丁寧に切除して仕上がりもきれいな状況に収まるような方法であれば値段が高いといったことになります。