日本人に多い包茎の種類

MENU

包茎とは、ペニスを包む皮が長く、余分に余っている状態。
子供の時はみな包茎ですが、大人になるに連れて改善するのが普通とされています。
しかし、大人になってもペニスの皮を被っている状態が包茎です。
包茎には3種類あります。

仮性包茎

仮性包茎は、日本人に一番多いとされています。
普段は、皮を被っていますが、手でむくと簡単にむける状態です。
ただし、勃起したときに自然に亀頭が露出する人もいれば、勃起時でも亀頭が露出しない人もいます。
勃起時でも露出しない人を重度仮性包茎と言います。
出口が狭い人を「包皮輪狭窄ほうひりんきょうさく」といいます。※カントン包茎に発展する可能性がある。

仮性包茎の問題点

仮性包茎はセックス時でも痛みを伴うこともありません。
がしかし、問題点としては、

・亀頭の発育が遅れて先細りの形状になりやすい
・不潔になりやすい
・カスがたまり臭くなる
・コンプレックスとなり、女性に対して消極的になる
・セックス時に、女性にアソコに菌を映す可能性がある(不妊症・子宮頸がんのリスクが高まる可能性あり)
・自身も性病にかかる可能性がある
早漏になる可能性がある(亀頭が刺激になれてないので)
・ED(勃起不全)※皮がペニスの感度を下げるため

真性包茎

真性包茎は、手で皮をむくのができない包茎です。
その理由は、皮の出口がすごく狭くなっている、もしくは亀頭と皮が癒着(ひっついている)している状態だからです。
無理やり皮をむこうとすると、出血するおそれもあります。
真性包茎を放っておくと、先細りのようなペニスになる可能性があります。
また、不衛生により、がんが発生することもあります。
真性包茎の原因は、思春期をすぎるころにはがれる皮が、そのままの状態できた場合です。

真性包茎での問題点

真性包茎での問題点は、オナニーをする際でも痛みを伴う人がいます。
セックスの場合では、たいていの人が痛みを伴います。
また、コンプレックスも大きく、童貞の人が多いのも事実です。
射精をしても、膣に届かずに男性不妊の原因となる場合があります。

 

カントン包茎

カントン包茎は、真性包茎のうちの一種の包茎といえます。
特徴として普段は、手でなんとか包皮をむくことが出来ても、勃起した状態のペニスでは、亀頭が露出しない状態です。
皮の出口が狭いので、無理に皮をむくともとに戻らずに、緊急手術となる場合があります。

カントン包茎の問題点

軽度のカントン包茎ならば、とくに日常に差し支えはありません。
がしかし、重度のカントン包茎になると、万が一ペニスが元に戻らなくなったときに壊死を起こしてしまう可能性があるので、できれば包茎手術をすることをおすすめします。
セックスに対して、不安からセックスを楽しめない人が多いようです。