包茎 40代男性の悩み

MENU

ぶっちゃけ、手術を受けてひと皮剥けるかどうか悩む毎日です。

男性


40代のサラリーマンです。恥ずかしながら、仮性包茎です。
普段の状態は皮がかぶっていますが、勃起時には亀頭が完全に露出します。
健康ランドに行くのは、ためらいがあります。極力、皮を剥いて下半身に気
をつけていますが、風呂に入って上がると、また皮がかぶっています。



最近の20代の若い男性は、皮がかぶっていても堂々と下半身をさらして入浴
していますが、私にはそんな勇気もありません。
勤め始めたころ、会社の5歳年上の女性と恋人関係になり、包茎がばれないよ
うに気をつけていましたが、私が寝入ってしまい小さくなった陰茎が完全に皮
がかぶり、ばれてしまいました。それでも、2年近く関係は続きましたが。



10年前に膝の靭帯を手術した際も恥ずかしい思いをしました。
全身麻酔のため、尿道にカテーテルを入れられました。麻酔で意識を失う前に
しっかり剥きました。術後ベッドに横になって看護師さんにカテーテルを抜い
てもらうときでした。うまい具合に剥けている感触があったのですが、カテー
テルを抜いた後、看護師さんが丁寧に皮をかぶせてくれました。



自分ではしっかり剥いたつもりでも、看護師さんにはバレバレだったのです。
剥けている男性にとってつまらない話ですが、手術をして劣等感から抜け出し
たいと強く思っています。